マッサージでストレスが溜まってしまいました

先日、久々にマッサージをしたときのことです。そのときはいつもお願いしている専属の方がおらず、仕方がないので、別の方にお願いして1時間の全身マッサージをしてもらいました。まず最初に明るく挨拶をしてくれるところまではよかったのですが、もうそれからのマッサージ本番中は最悪のひとときでした。

まず、自分の体調を施術師さんにお伝えし、マッサージ開始となりました。それが、体形からは想像もつかないくらい、その施術師さんのマッサージの仕方は適当だったのです。「強さはいかがですか?」と訊かれたので、「はい、もっと強くお願いします」と伝えたにもかかわらず、強さはさほど変化しておらず、再度同じ質問をされたときにも、同じように「もっと強くお願いします」と答えたにもかかわらず、一向に強さは変わっているとは思えませんでした。

そしてマッサージも30分程過ぎた頃、今度は私の出身であったり、私生活であったりと、やたらとプライベートに関して訊いてくるのです。差支えない程度には答えましたが、さすがに自分の出身地の批判をもってこられたときにはあまり心地よい気分ではありませんでした。「あ~、あの県ねぇ、ごちゃごちゃしてて嫌だよね」なんて言葉、接客業をする人が言ってよいものでしょうか。マッサージをする前に接客を学んでほしいですね。

これではなんだかマッサージをしたにもかかわらず、ストレスは増大、体はまったくほぐれた感を感じず、今までで一番最悪のマッサージだったとしか言いようがありません。

トップページに戻る